様々な種類のフライパン

フライパンの素材を比較してみよう

フライパンの素材といえば金属というのが一般的でしょうが、フライパンの素材は金属だけでなくセラミックや意外なところでガラスなど1つの調理器具に対して実に多岐に渡ります。
では結局どの素材がいいんでしょうか。
たとえば価格で比べてみると、一番安いのはアルミ製かと思います。
逆に銅製やガラス製などは総じて高いですね。
しかし耐久性の面で見てみると、アルミは傷つきやすいので頻繁に買い替える羽目になるかもしれません。
鉄製やステンレス製のものは多少雑に扱っても壊れない非常に頑丈なので、そうそう買い替えることはないかと思います。
家庭ではそこまで問題ではありませんが、長時間料理を行なう料理店では軽さも大切になってきます。
チタン製が抜きんでているものの、安定した調理には不向きなのでアルミや鉄製が好まれますね。
熱の伝わりやすさでは銅製が圧倒的で次いで鉄やアルミです。
このように性能としては鉄製やアルミ製が優れているものの、家庭で使うにはちょっと手間が掛かるという一長一短ですね。

表面加工されたフライパン

金属製のフライパンは使い方によっては食材が表面にくっつきやすく、それに伴って焦げ付いたり汚れがこびりついたりしてしまいます。
しかし金属製のフライパンは熱が伝わりやすくて耐久性に優れているという利点もあります。
そういった利点を活かしつつ欠点を補うために行う方法として用いられているのが表面加工です。
表面に樹脂などでコーティングするすることで、焦げ付きにくく、くっつきにくいという金属製の欠点を見事に補ってくれているのです。
テフロンやマーブルコートといったものがこれに該当します。
しかし欠点がないわけではありません。
あくまで表面にかぶせているだけなので、使用しているうちに剥がれていってしまいます。
さらにそれを洗うことになるのでますます剥がれることになるので、買い替えは早くなっていまします。
また、中華料理のような高温には対応できず、一部の料理を作るには不向きなのです。
しかしくっつくことなくひっくり返せるので魚料理などには向いていると言えるでしょう。

もう自分が愛用しているフライパンでないと料理をする気が起こらないほど、
自分のフライパンを気に入っています。

Comments are closed